人気ブログランキング |

<   2016年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

お花見シーズンの楽しみ方!私の桜ショット&お花見弁当





もう先週から、桜はまだか花見はまだか、と待ち続けていた子どもたち。

昨日から今日にかけて、一気に開花してきたので



c0339711_21080731.jpg




















お弁当持って、行ってきました。



味噌焼きおにぎりと、ちょと春をイメージした、たまごと青菜のおにぎり。

春キャベツの梅肉和えなど。





c0339711_21092906.jpg




















近所の公園のいつもの桜、まだ7分咲きといったところ。




c0339711_21090223.jpg




















木にはヒヨドリやメジロなど花鳥たちが。





c0339711_21101558.jpg




















この樹の下でのお花見は4年目。



長男は急な山の坂を、ひとりでどんどん降りて行きます。

あどけなかった長女も、なんだかすらりと、縦に伸びました。

同じ桜の木の下で、毎年成長を感じる日。






c0339711_21082799.jpg




















年中さんが育てて、卒園祝いにくれたチューリップも開いてきました。

ピンクがいい!と貰ってきたはずが。。。

「まださ、(年中さんは)小さいから、間違っちゃったんだね。」と。

なに、最近弟とは喧嘩ばかりなのに、優しいじゃない。





年度末。

花は、この開きかけの時期がわくわくします。

今日もありがとうございました。





春休み真っただ中、風邪気味の子どもたち。

家でなにか楽しめる事をと、久々にホームベーカリーを取り出しました。

できた生地を、みんなでこねこね。。




c0339711_19135105.jpg




















残りの桜の塩漬けを乗せてみたり。

餡は牡丹餅の余りを冷凍してあったもので。


形もいびつ。

あんこが非常に少ない、はずれパンもあったりして^^;

米粉入り餡パンの出来上がりです。


子どもらはお昼におやつに。







そんな長女もすっかり忘れていましたが、スマイルミッション2016。

自分たちの写真や夢が(データのかたちで)宇宙旅行するというもの。

先週23日に、ロケット打ち上げ成功しましたよ~sasugaさ~ん!


繰り返し、うちの長女とricca・roccaのsasugaさんの娘さんの夢が

同じロケットに相乗りしていまして。。 (`・ω・´)وヤッタ!



26日に国際宇宙ステーションへ着いて、データは

きぼう棟へ渡されたのだと思います。(詳しくは書いてない。。)


既に原本は返されているので、

宇宙に行った何かが手元に届くということはないのですが

すごい時代だなあ。。なんて羨ましく思います。






卒園の記念に、タイムカプセルが作られました。

子どもたちが書いた一言や、手形を入れて。

二十歳になるときに、みんなで園に集まって開けるのだそうです。

それもまた、楽しみです。

でも、子どもがはたちってことは。。;

今日もありがとうございました。





ローソンでもらったミッフィーの21cm深皿が何かと勝手が良くて、

ワンプレートで盛りつけたりとずっと大活躍だったのですが

それをわたしが、続けざまに2枚割ってしまいました。





他にも赤富士のお茶椀も割ってしまったり。。


まず、不注意をなおすべきなのだけれど、

割れなくて、程よい大きさのお皿が欲しいなあ

出来れば国産(欲を言ってお安く。)と探していました。






そして、国産杉の食器・雑貨のお店を見つけました。

宮城は登米市津山町のクラフトショップもくもくハウス。もくもく

道の駅 津山に併設されているそうです。


この模様に、惹かれてしまいました。。



c0339711_15272749.jpg




















杉の無垢材を「矢羽根」の模様に寄木してあります。

矢羽細工というそうです。



丸皿は売り切れだったので、楕円に。

ウレタン塗装されているので、木の香りはしませんが

パンとおかずをのせたり。カレー皿にしたりと

普通にお皿として使えます。




c0339711_08381175.jpg




















同じく小皿。葉っぱのように見えます。



津山町は南三陸町の隣に位置し、町の殆どが山林だそうです。

かつて植林された杉の森林を、資源として活用しよう。

その取り組みとして矢羽細工が生まれたそうです。





他にも素敵な逸品が沢山ありました。

また何かの機会に。。

今日もありがとうございました。





今日のパートも未休憩15時まで。。疲。。

で、帰宅したところ・・


c0339711_18512222.jpg





















めんそーれ!沖縄便が!





c0339711_18513324.jpg





















「わ~♡ランドセルだー!」




c0339711_18514502.jpg




















「あー!ぞうさーん」(名札がぞうの形です。)



c0339711_18510967.jpg




















わあ!疲れも吹き飛びましたー

長女と長男に、入学と入園のお祝い!

南国沖縄より、ちみままさん、ほんとにどうもありがとう~。





時々コメントをくださるちみままさん。

二十年来の親友で、ブログの先輩でもあります。

わたしには全く縁が無かったブログ。

ちみさんがブログでさまざまな情報を発信するのを見て、

わたしもやってみたくなったのです。

ちみさん無くして、「mogu」無し。です^^

あ、ブログだけでなくて、普通の日常でも。です。お世話になってます!






c0339711_18524799.jpg




















桜は、わずかに咲いてる?という感じ。

寒の戻りで、ダウン着てます。

もうちょっとで、お花見できるかな。

今日もありがとうございました。





このあたりの染井吉野も、木によっては蕾が膨らんでいます。

まだかまだかと、開花を待つこの時期も、いいものですね。





c0339711_16201804.jpg





















桜の塩漬けを散らしたシフォンを焼いてみました。



う~ん、桜しべというのか、がくの部分が沈んでしまいました。





c0339711_16203242.jpg





















刻んだ桜の葉と小豆餡を入れたきな粉の生地と、抹茶生地で。





c0339711_16204356.jpg





















きな粉はそんなに感じませんが、桜の葉の香りと塩気のよい

しっとり、ふわふわの和風シフォンです。

お皿の上の、小さな春。

今日もありがとうございました。



連休中に、長女の熱も徐々に下がり。。大丈夫かな?

ようやくのんびりとした春休みに突入です。





長期休みは騒がしくて仕方ありませんが、

春休みはお花見など、「来たる春を愉しむ」という

過ごし方ができるので、まだ、好きです。






このあたりの桜はまだ開花していないので

今日は家でサンドイッチを。

好きなように、始め~!


c0339711_14424865.jpg




















もう少ししたら、お弁当持参で外へ行きたいと思っています。







最近、いくつか調理道具を変えました。



c0339711_14430081.jpg





















マッシャー、おたま、菜箸。


今まで百均のものをそれぞれ使っていて、

マッシャーはぐんにゃり曲がって、使えなくなり

プラスティック製のおたまは熱で少し溶けてしまい

木の菜箸はカビが出てしまい。。


次に買う時は熟考して・・・お財布と、耐久性、使い勝手など考え

結果今回すべてステンレス製にしてみました。





つぶすことにしか使わないのに場所をとってたマッシャー、

こちらは燕製。コンパクトでとにかく頑丈。

柳宗理のおたまはSサイズを。Mでも良かったかな?と思いましたが

小回りが利き、コンパクトでよし。

菜箸は、使ってみてやはり木製が好きだと思いましたが、

しばらく使ってみます。





この先ずっと、愛用していけますように。

今日もありがとうございました。



昨日の夕方から、熱が出て寝込んでしまっている長女。

これはきっと、疲れだねえ。。




快晴で、気温もぐんと上がった陽気のなかで卒園式。

押せ押せで、家に帰ったのが15時でした。。

お腹も空き、疲れもあってか、友達との別れを惜しむでもなく

すたすたーっと園を後にする長女。




成長がうれしかったり、

幼稚園生活が終わってしまうさみしさだったりで

先生や保護者は涙ぐんでいるのですが、

子どもたちの気持ちは、小学校へ向かっていて。

子どもって振り返らない。前を向いて進む存在なのだと

そんな子どもの様子を見ていたら、

わたしの涙もスーッと消えてゆきました^^



c0339711_14472594.jpg














子どもたちが飛ばしたメッセージ付き風船。

皆さんの街にも、届くといいな。。

(幼稚園の連絡先が書いてあります)





さあ、前へ。

まずは小児科受診してきます。

今日もありがとうございました。



長女の園バスのお見送りも、今日が最後。

長男ボクチャンとのお見送り後の散歩も、今日で最後になります。

長男が歩き出してから二年くらいのものでしたが

ほんとうに自由の利かない、期間でした。。(;´∀`)





今日は、どこどこへ行く。と目的を持ってお出かけするのは

ほとんど無理。(おおむねひっくり返ります。)

ボクの気のおもむくまま、手をつないで(一応手綱は取っときます^^)

とことこてくてく。。ご町内を歩く。。




いささかのめんどくささも感じながら、でも

これが、きっといとおしい時間であることは分かっていて。





溜息つきたいことが多かったけれど、今日さみしい気持ちになっているのは

やっぱりなんだかんだ言って、ボクとふたり、

ずっと一緒にいられた時間は楽しいものだったのだと思います。




頑張った、毎日がんばった。わたし。



c0339711_18561115.jpg




















ちょっとした年少さんより、よっぽど大きかったりします。
行ってもらいましょう、幼稚園!



c0339711_18595239.jpg





















明日は彼岸の入り。

牡丹餅を作りました。中は残っていた道明寺粉で。

つぶあん、こしあん、炊きました。





明日はいよいよ卒園式です!

今日もありがとうございました。




長女が年中から始めた新体操。その技の一つに「立ちブリッジ」

というものがあります。

立った状態から後屈、イナバウアーをし、そのまま手を床に着いて

ブリッジの体勢をとる。




長女は頭を打つかもしれないという怖さがあって出来ず、

練習しなさいと言ってもなかなかやらない。




そして、とうとう発表会直前になってしまいました。

クラブを見に行くと、出来ないのは長女一人に。

とってもとっても、目立ってしまっている。。;




あと二日。これはどうしたものか・・・。

先生も、無理強いはしていないから、このままでよいのか。

でもこの技が二年間の到達目標でもあり、以前の練習では出来たのに。


たくさん頑張ったなら、失敗もいいと思う。でも長女は努力していない。

(はっきり言えます。。;)

そして親のわたしも。




あと二日しかないのに・・急に練習しろと言い始めるなんて

ほんとうにほんとうに悪い親だと思ったのです。

でももう最後ですし、叱咤激励、練習しました。

本番でやるかやらないかは、あとは彼女に任せようと。。






c0339711_21400275.jpg




















出番の直前。ウォーミングアップの時、遠くに

先生の補助で立ちブリッジの練習をする長女の姿が見えました。



彼女は、やるつもりなのだ。



途端に涙があふれて、ビデオもブレブレですT0T






そして本番、きれいに。成功させました。。

しかも、振りがいつもよりキレキレなのです。

決まってる。新体操っぽくなってる。

やった。最後に見せてくれた、底力。

これでやれば出来るということも、長女は学べたと思います。






習い事。あんまり親が熱心になるのもな・・という気がして、

よく言えば見守って、悪く言えば放置。うまく導いてやれなかった。

やる気を引き出すの、難しいなあ。。

今日もありがとうございました。



昨年秋に義母が亡くなり、お墓を建てることになったのですが

義父母は福島の出身で、両家のご先祖様のお墓は

現在の帰宅困難地域に設定されている所にあるのです。





選択肢として、お骨をこちらに移すということも

専門の業者がやってくれて、費用もある程度東電が負担してくれる。

ということなのですが、何せ見通しが立たない。

これからかの地域を、政府はどのようにするつもりなのか。

よくわからず、判断に迷ってしまう。というところなのだと思います。





結果は、義母のお墓はとりあえず建て、福島のお墓のことは

長男であるパパさんの代に決めるというような

暗黙事項のような、うやむやな感じなのです。


誰もはっきり、今、決めることができない。


そんな、どうにもならず、前へ進めない状態でおられる方々が

たくさんいらっしゃることだと思います。






当時一歳だった長女が、震災の映像をみて、これはなにか訪ねてきます。

きっと震災の影響はわたしたちだけでなくて、

子どもの代にも続くと思います。

こういうことがあって、「今」こういう状態で。

「今後」どう動かないといけないか、など

わたしも分からないのですが

問題に目を向け続けて、子どもに伝えていくこと。

それがせめて出来ることなのかなと思います。

今日もありがとうございました。