人気ブログランキング |

<   2015年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧


当初、今年の夏は十日町で三年に一度開催される、

「越後妻有トリエンナーレ大地の芸術祭」を見に行く予定でした。→

町全体、屋外や施設に芸術作品が展示されているもので、

十日町の自然と芸術の融合、を一度みてみたいなあと思っていました。



しかしよくよく考えると、わが家の小さい車ではみんな疲れてしまうな。。

ということで断念。



ふつうの帰省となりました。



c0339711_10421200.jpg




















8月下旬は上越新幹線はさほど混みません。

1時間40分ほどで長岡着。





c0339711_09220616.jpg




































こんなところで写真を撮っているのは、わたし達位・・;


駅西口には、とっても小さい「長岡城跡」という石碑や、

三尺玉の打ち上げ筒がおいてあります。



駅前の大手通りを歩いて10分くらい真っすぐ進むと、

毎年8月2、3日の長岡花火の会場の信濃川の河川敷に出ます。



いにしえの町並みは残っていないのですが、城内町、台町、殿町など

町名に当時の名残があります。






c0339711_10491231.jpg



















アルパカのえさやりに、越後平野を北上して新潟市へ行ったり。。
(アルパカ、毛刈りされていました。)






c0339711_10483083.jpg



















懐かしい、どこまでも続く田んぼの風景です。

遠く弥彦山を望む。。






長女は、向こうの双子ちゃん(男の子と女の子)に

取り合いされるくらい、モテモテで満足そう。

長男も2歳の甥っ子と、言葉はなくとも通じるものがあるのか、

追いかけっこしたり。。

ふだん大人数で過ごすことがないので、

にぎやかで楽しい時間を過ごしてきました。




田舎って、いいな。

今日もありがとうございました。



台風15号も進路が変わり、無事に帰省を終えました。

家事・育児から解放された三日間、ゆっくり過ごすことができました。




今日はわたしの地元新潟は長岡の、

さらにピンポイントで実家周辺の紹介をしたいと思います。


実家から歩いてすぐ、三分くらいの摂田屋(せったや)という町内には

お江戸と寺泊を結び、参勤交代でも使われたという

旧三国街道(地図の赤ライン)が通り、

通り沿いには酒・味噌・醤油の醸造蔵、工場が見られます。



c0339711_08543570.jpg













c0339711_08542174.jpg







































180年前から続く醤油の製造会社「越のむらさき」




c0339711_08553264.jpg





















完成か何かの季節に、なのでしょうが、

年に何回か町中がお醤油の香りに包まれます。

小学生の時にスケッチに来たり、切手を買いに来たり。思い出があります。










(この写真は越のむらさきさんHPより
お借りしました。)

越のむらさきとお稲荷さん「竹駒稲荷」の間の道が旧三国街道。

歴代のお殿様や伊能忠敬が測量しながら通ったそうです。




c0339711_08545696.jpg




















進むと450年前からつづく吉乃川酒造会社があります。□🍶

「吉乃川」という日本酒を作っています。

現在、街道を整備中だそうで通れませんでした。。









(この写真は越のむらさきさんHPより
お借りしました。)

竹駒稲荷のお狐様の足元。

わたしも今まで全然気づかなかったのですが、

子ぎつねが寄り添っています。

「わたしを守ってくださいね。

大きくなったらわたしがあなたを守りますから。」と

母ぎつねに言っているそうです。

越のむらさきの方が教えてくれました。






旧三国街道と並走する旧国道沿いに建つサフラン酒造。

c0339711_08551524.jpg





















サフラン酒は養命酒と並ぶ薬酒だったそうで、

海外輸出もされていたそうですが、

現在こちらでは酒造が行われていないようです。

と母から聞きましたが、ネットで売っていました。


右側のなまこ壁と漆喰の絵の蔵は国の重要文化財に指定されています。


小学校の通学路に建つのでなじみのある場所なのですが、

普段から人けのない場所で、(この日も歩いている人皆無。)

「入ったら犬の骨があった。」とか伝説?があったり。

子どもにとっては怖いスポットでありました^^;






この辺りが少し元気になったのは、おそらく中越地震がきっかけでしょうか。

町全体で「がんばろう!」ということで

観光にも力を入れ始めたのではないかと思います。

旧国道沿いの商店が無くなっていく中、変わらず

むしろ元気でいてくれる場所があるのは、嬉しいことだと思います。

長くなりました。

今日もありがとうございました。




明日からわたしと子どもだけで長岡に帰省です。

三人分の持ち物リストを作って、送るもの・手荷物と
準備するときから楽しい時間です。

三泊予定ですが、帰りはちょうど台風上陸と重なる予報。。
途中、新幹線が止まるなんてことに遭遇しないように、気をつけて
帰ってきたいと思います。。




大井町の劇場で買ってきたアリエル人形。

c0339711_19414832.jpg

































かさばるから、家に置いて行って~!

行ってきまーす。
今日もありがとうございました。



青い野菜は食べてくれないのに、
長男は近所のドラッグストアで安売りしている
「青の洞窟」の冷凍ジェノベーゼが大好き。

もとはパパさんが食べるように買ってきた物でしたが、
よくない添加物は入っていなさそうだったので、
あげてみたら大喜び。

この夏、何よりも好きなトマトを後回しにして、
夢中になって食べているので作ってみました。



買ってきました。。 来年は育てようかな・・

c0339711_13142788.jpg



















「Pest Jenovese」

本当は大蒜やペコリーノチーズも入れるそうですが、ないので入れずに。

松の実・塩・パルミジャーノ、オリーブオイルではなく、
ひまわりオイルをがーっと。



c0339711_13144153.jpg






















なんとなくそれらしい形には。。



c0339711_13145147.jpg






















全粒粉パスタで。

香りが良く、味も「青の洞窟」(そこが目標?)に近くできました。
青の・・のほうは、もう少しチーズが効いてる感じです。


わたしも昔からジェノベーゼ好きですが、
あの青い風味は松の実なんだなと知りました。

子どもらも「おいしい。」と。
でもあれ?いつものおかわりの声がない。だめ?
そうよ、これは大人の味なんだもの。
と言い訳をしつつ・・今後研究していきます。。
今日もありがとうございました。


こちらも明け方は涼しくなりました。
今日は日差しも淡く、原色の夏が過ぎていくようです。
帰省の荷造りを始めましたが、長袖のパジャマを入れておきました。


c0339711_21391250.jpg




















おいしいけれど、西瓜には暑さが似合う。
もう少し前、猛暑にときに食べればよかったです。。



習い事に出かけていた長女を自転車に乗せながら、長女がどうやら今日
ゆずの曲を聞いたらしくて、でも題が分からないというので。ならば。
こんな曲だった?と、

「この長いながい下り坂を~ 君を自転車のうしろに乗せて
ブレーキいっぱい握りしめて~・・だった?」(人目をはばからず歌ってる。)
「・・うーん、分からない。」

「夏色」。
この辺りは美しく表現するならば、「美瑛のような」地形なので
夏に限らず冬でも、長ーい坂道を下るときには頭の中に流れます。。
いい歌。



自転車を漕ぎながら、後ろに座った長女と話しているので、
前から来る人が見ると一人でしゃべってる人に見えるらしく、
たまに小学生とか怪訝な顔をされてしまいます。
今日もありがとうございました。


お盆を過ぎると、空気や空も少し秋めいた気がします。

昨日は一日雨でしたが、涼しいので子どもと電車で南町田の
グランベリーモールというアウトレットモールへ行って来ました。



お昼は珍しくマックへ。
わたしは殆どマックへ行ったことが無くて、今日で人生5回目くらい!?
最近は何年前??と記憶に無いくらいなので、まさかまさかの注文の仕方が分からないという(焦;;)

どう選んでよいか分からず、オロオロ。
横から子どもらに「わたし、ハッピーセットー!」「ボクモー。」と言われ、
とりあえず「ハッピーセットでー、・・」
あとは店員さんからのひとつひとつの質問形式で無事注文を終えました。。;



たまたま席がゴミ箱の横だったのですが、何気なく見ていると
以外とみなさん、食べ終わったごみを分別して捨てていないことを発見。
飲み残しは、若者でもちゃんとザーッと捨てているのですが、紙とプラの分別はいまいち。

コップ・ナフキン・紙袋は紙ごみ。
コップの蓋・ストロー・フォークなどはプラ。
見ている間、完璧に分別していた方はゼロでした。(じーっ・・((。-`ω-)。。いやな人です。)

わたし、分別するの大好きなんです。
「あー、あれ分別した~い。」うずうず。。
と眺めていたところ、店員さんがお客さんから受け取ったトレーのごみを、ぜんぶ紙ごみの方にポイ!
一番分けていないのが店員さんでした。。



しかしながら。
店員さんがごみ袋の交換をしていました。
短時間でいっぱいになったごみ袋を見ていると、これはきっとマックだけではなくて
いたる所の光景なのですが、人間が日々大量のごみをだしていることを痛感しました。

せめてちゃんとリサイクルに出せるように・・・
やっぱり分別したくて、うずうずしてしまったわたしでした。



c0339711_20083758.jpg






















店内でなかなか食べることに集中できない長男です。
右上がごみ箱。

アボカドバーガーセットで680円也。
「マックってこんなに高かったっけー!」と驚きましたが、
ちゃんと昼マックというお得なセットが存在することを発見。
そっちでよかった~(ノД`)・゜・。
くやしいです!
今日もありがとうございました。



お盆休みの間は、この辺りの人たちは帰省しているのか
人も車も少なく静かです。

一年前はまだブログをしておらず、読んだりもしていなかったのですが、
日本全国いろんなところにお住まいの方達が、お盆休みに
さらに色んなところへお出かけしていて。

レポートしてくださるので、毎日読むのが非常に楽しいです。




わたしも一週間後に迫る帰省の準備を。
いつも甥と姪へのお土産は先に実家へ送ってしまいます。
今年は、絵本を。



c0339711_14055799.jpg

















(すべて3画像、お借りしました。)


こちらは「ともだちやもんな。ええときだけのともだちちゃうで。ほんとうのともだちやで。」
という、いい言葉が出てくるので、男の子同士の友情を確立しつつあるだろう甥に。



c0339711_14062238.jpg











むかしからの児童文学は、子どもの時読むのと大人になってから読み返すのと
受け止め方が違うことがあります。
物語のほんとうの意味が分かったり。
そんな経験をしてもらいたいなと、そして絵も美しいので姪に。




c0339711_14061257.jpg

















よるくまと男の子が文句なしの可愛さ。
お母さんが大好きであろう、一番下の甥っ子に。



めったにみんなに会えないmogu伯母ちゃん。
人気を得ようと、あの手この手の帰省です。
今日もありがとうございました。

それはもう早朝からドタバタぎゃあぎゃあ、過去最高にうるさい夏となっています。
長男のイヤイヤ期が終わらず、相手をしている長女も辛そうです。

午前中、二人をベランダに出し、部屋掃除をしました。(でてけ~)


c0339711_15172465.jpg




















片づけては散らかる部屋とか、何度も勃発するけんかなどに、
わたしも毎日怒り疲れ、子どもも怒られ疲れてなんだか険悪な感じにも。。

心が弱いなあって思います。
もっと、おおらかに構えればいいのに。
心を強く持つ、動揺しないようになるには、どうすればいいんだろう。

どこかで座禅でも組んでこようか。
いやいやそこに行かなくても、家は十分修行の場。
次に散らかった床を見た時や、長男のぎゃー声が聞こえたら目を閉じて深呼吸してみよう・・
(でも古都のお寺を巡って、お説法のひとつでも聴きたい気持ち。。)



我が家にも、介護の話がもちあがってきました。
離れて住む義母が病気からだんだんと鬱状態になり、次第に認知症のような症状が出て
目が離せなくなっているようなのです。
病気になった人にしか分からない様々な思い。
自分も同じ立場になったら自信は無いですし。。
病気のつらさだったり困難を乗り越える強さって、どうすれば持てるんだろうって思います。
今日もありがとうございました。(薄字で失礼しますm(__)m)


くるみボタンのキットが余っていたので、

方眼の刺し子をした生地で作ってみました。


c0339711_20315411.jpg






















自分用に。

昔からあまりアクセサリーはしなくて、

髪を束ねるのもただの黒いゴムだったり。



二十年以上前に開けたピアスホールもあんまり化膿するので

(プラチナやシリコンもだめでした・・)

おととしようやく諦めて、ピアスをするのを止めました。






主婦になってからは時計もせず(腹時計で代用!?)

洋服も気付けば、夏は青。冬はグレーばかり。

何かアクセントが欲しいと思います。

いかにも手作り風なのですが、

年と共にそれが恥ずかしくもなくなりつつあるので、

ヘアゴム、アクセントに使ってみようと思います^^

今日もありがとうございました。


行ってまいりました、 大井町駅近くの四季劇場「夏」。

c0339711_19165048.png













正面。携帯写真なので画質悪です。。


c0339711_19170366.png













わたしの影が映りこんでます。。
アリエルの足ではありません。


ミュージカルは数えるほどしか見たことないのですが、
確か四季は「実力なき者は去れ。」でしたか、厳しい世界と聞いたことがあります。
演じるキャストの方達のすばらしい歌や踊りに感動しました。


まるで自分も海の中にいるような演出だったり、
カーテンコールでは何度も何度もキャストが出てきてくれて、楽しかったです。





大井町。
東急大井町線沿線に住んでいたときは、買い物でよく来ていた町です。
そのころはまだ四季劇場はなくて、丸井(のちに電機屋)、ヨーカドーが新しく場所を移転してアトレもできて・・
・・と雑多な下町風情の中にも街が整備されていった経緯があります。

駅から劇場につながるアーケードは、お店も少し入れ替わっていて、吉牛やラーメン屋さん喫茶店
「俺の」の焼き鳥屋さんができてたり。
四季劇場横の団地もからっぽのようなので、きっと再開発計画があるのでしょうね。

大井町線沿線はすごくごちゃっとしているところなのですが、
帰省して帰ってくるとホッとする街でありました。。二十代、そこで暮らし働いていて。
若かったからですね。
今は住むなら断然、自然豊かな田舎派です。

何よりも、一人で色んな事を考えながら歩いていた街を、
こうして長女と歩いていることが感慨深かった。
あの頃はまったく人生の先が見えなかったけれど、、人並みに幸せになったんだな・・なんて(笑)
今日もありがとうございました。