人気ブログランキング |

<   2015年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 今日は強風でした。
 満開の染井吉野の花びらが、早くも風に舞う様子も。

 明日から新年度。
 きっと多くの方が、新しい環境へ飛びこんでいくことでしょう。
 飛びこむほうも、迎えるほうも、しばらくは落ち着かない気分ですね。

 
 ごちそうさま。の、みゆきさんが命名してくださった、
「節の暮らしを楽しむ会。」1号(1だと、か、会長??みゆきさんのほうがかなり適任💦)として
 
 この季節に何かを新しく。



c0339711_15515117.jpg


















 布巾をおろしました。
 さらしのほうは、刺し子が一向に進まないので、日東紡のものを。

 だいぶ前の「天然生活」のバックナンバーで紹介されていたのを見て
以来、大判で拭きやすく、毛羽立たないのでずっと使っています。


 ご存知の方も多いと思いますが、ちょっとレトロな感じの
「ふきんの使い方」というしおりが入っています。

 ・なま乾きではいけません。
 ・日光にあてましょう。
 ・1家庭に12枚以上は必要です。  などなど書いてあります。


 「1家庭に12枚以上」というところが面白くて。
 衛生的に使うにはそれくらい必要ということで、(ふんふん、そうなのねー)
 さすが暮らしの手帖社とのコラボだなと思います。
 



c0339711_19532069.jpg 




















 この春は、新しい出会いがきっと待ってる。
 読んでいただきありがとうございました。







 この春、双子の姪っ子と甥っ子が小学校に入学します。

 実家近くに住む妹家族、わたしたちがなかなか帰省できないので
会えるのは年1回くらいしか。

 昨日は春の雨の中、お祝いを送る準備に出かけました。
 ITO-YAでご祝儀袋、便箋などを購入。


c0339711_08295205.jpg



















 週1で復帰した仕事の、記念すべき初月給で
お祝いを包むことができました。



 うちの長女と同じで、新しい環境には緊張してしまう姪。
 天真爛漫でみんなが集まってくる甥。

 これから楽しいことも、そうじゃないことも、
たくさんたくさん経験することでしょう。

毎日小学校へ送り出す親の、心配の混じった気持ちの
リハーサルをさせて貰いました。


c0339711_08291835.jpg


 今回は長女とふたりでのおでかけ。
 
 最近、長男を連れての買い物がなかなか難しいので、
街へ出るのが久しぶり。
 帰りはこれもまた久しぶりに、スターバックスでお茶をしました。
 ドリップコーヒー・スマトラとNYチーズケーキ。

 

 昨日の午後は雨模様でどんより暗かったのですが、
桜の淡い色が浮かび上がり、華やかさのある雨でした。

 
 桜時の、この週の後半も雨の予想です。
 
 読んでいただきありがとうございました。


 
 

 







 野遊び、野がけ、山遊び。
 今日はピクニックへ。

 毎年この時期にお弁当をもち、そのあたりの公園へ出かけます。

 今年は珍しく先客がベンチにいたので、もう少し足を延ばしました。



c0339711_15411088.jpg







 












黄色ばかりのお弁当と梅・鱈子・ひじきのおにぎりを持って。


c0339711_15402515.jpg




















大島桜か山桜かでしょうか。


c0339711_15415470.jpg









 





 

 



遊歩道だけの広い公園。
 こちらの種類の桜はもう終わりの頃。

 南関東、染井吉野のつぼみはもう少しで開きそうです。



 日差しが暖かく、紋白蝶も見かけました。

 その年の春に初めてみる蝶が白いと、その年は健康で過ごせると聞いたことがあります。

 すかさず、「ちょうちょ!ちょうちょ!」とそばにいた長男(弱い子。)に見せました。
そのわずか数分後に黒い蝶にも遭遇。間一髪でした。。


 初蝶を追ふまなざしに加はりぬ   稲畑汀子






 読んでいただきありがとうございました。




 先日の防災用品の見直しで、今月末に期限を迎える
物があったので試食してみることにしました、


c0339711_09021101.jpg



















たぶん生協で購入したもの。
5年前だとどこで買ったかもわからなくなってます。



c0339711_12593200.jpg

















 


 お米と具材をパックに開け、お湯か水を入れます。

 災害時はお湯を準備するのもままならないと思うので、水で。



c0339711_13003319.jpg

















 


 味は調味のタイプのものだったのででまずまずですが、
お米の食感がふだんのご飯の感じとはだいぶ違い、
柔らかすぎて噛みごたえがないです。

 これが毎食、何日も続くとしたら、大変ですね。。

 
 実家は10年前の中越地震に被災した地域なのですが、
家は大丈夫だったもののライフラインが長くストップしたため、
わたしの友人をはじめ、避難所に避難した方が多かったようです。

 避難所にはすぐに救援物資が届くのですが、
当初、食料はおにぎり、あんぱんやジャムパンなど甘い感じのぱん、
カップラーメンなどがメインだったようです。

 おにぎりはよし、ですが他は毎食続いたら、
特に離乳期の幼児などは大変だと思います。

 
 災害時に食べ物があるだけでありがたいことですし、
あるものでしのげるように、心構えをしていきたいと思います。





今日もお読みいただきありがとうございました。





退職の話が続きます。

今日乗ったタクシー。

走り始めてしばらくして、運転手さんが、
「今日でね、仕事、最後なんですよ。」と話し始めました。
「もう75歳なんでね、今日で定年退職。」

そんなひとの人生の、大事な節目に居合わせたことにじーんとして、
「そうでしたか・・長い間、お疲れさまでした。」と
家族のようなことばをかけてしまいました。

運転手さんも、おそらく感傷的になっていたのでしょう。
トラックの運転手として本州を走ること38年。
タクシー運転手として働くこと8年。
亡くなった奥さんのこと。
いろいろ話してくださいました。

「どうぞお体にお気をつけ下さい。」とタクシーを降りました。


気持ちよく、今日最後の乗務を終えることができますように。


春は人生の節目の季節ですね。

読んでいただきありがとうございました。











幼稚園、来年度はクラス替えとなるので、
今日はお別れ会がありました。

長女の担任の先生は今年度で結婚退職されるそうで、
会の終了時には保護者一人ひとりと挨拶していました。

そのころになり長男がぐずりはじめ、
せわしなく、話したいことが話せずに帰宅することとなり、
なんだか心残りとなるお別れとなってしまいました。



家に着いてから「これでもう会えなくなるって、寂しいよね・・」と長女に話しかけました。

すると「うん。でもね、珠璃(じゅり)ちゃんも言ってた。しんみりするのは私達じゃないから。って。」

"しんみりするのは私達らしくない" 、ということなのですが、
そんな大人っぽい事をいうことにおかしくもあり、
なるほどそうだよね、とも思わされました。



年々涙もろくなり、この季節のお別れや変化が苦手です。

長女にはまだ、「別れ」というものがどういうことなのか
わかっていない、というのもあります。

でも、別れの季節に寂しい気持ちになった時は、
こんな子どもの言うことに励まされるのも悪くないかもしれません。



ちなみに、珠璃ちゃんというのはテレ東で木曜18時から放送されている
「アイカツ」という漫画の紅林珠璃(くればやしじゅり)ちゃんのことなのですが、
今、女の子に非常に人気のある漫画で、長女も大好き。

昔、朝に「ねえお母さ~ん。紅林珠璃ちゃんみたいな頭にして~。」と言われ、
誰じゃそれは!!とズッコケたのですが、見てみると面白くて。

アイドル養成学校で、みんなで努力してアイドルを目指す話なのですが、
夢もあり、時にこころの琴線に触れることばもあり、
親が安心して子どもに見せられる番組だと思います。



最後に先生が涙目で話されました。
「退職するのは私が決めた事なので。」

そうですよね、みんなそうやって道を選んで進んでいく。
ここはしんみりせず、エールを送るべきでしょう!!




読んでいただきありがとうございました。






今住んでいる地域は、関東大震災の震源に近いこともあり、
引っ越しの時、役所のほうから防災についてパンフレットを
もらいました。

よく言われている、3日分は最低でも備えよ、というものです。

少し怖くなり、備えようと色々購入していたのですが、
収納の少ない間取りのマンションのため、置き場所に苦労します。

また、消費期限の管理なども大変。
久しぶりに見直し、期限切れの缶詰が3缶みつかりました・・。



c0339711_12584383.jpg



















アルファ米、缶詰など。
大まかに期限ごと分けています。


c0339711_13292200.jpg




















場所をとるのが水。



何日分あるのかわからなくなっていたのですが、
見直してみると

水60リットル。一人一日3リットルと言われているので
4人家族で5日分。

食料はだいたい3~4日分くらい。
あとは普段食べているお米が半月分、冷蔵庫内のものが1週間分位。

たくさんあると思って、意外と無かった!



以前、防災関係の番組で、備えはできればひと月分。と
聞いたことがあります。

住んでいる地域が被災しなくても、物流に影響して
物が手に入らなくなるそうです。

確かに先の震災でも、わたしの住む辺りでは買占めもありましたし、
物が届かない状況でした。



おむつ、乾電池、トイレットペーパー、ティッシュ・・。
多めに買っておこうと思うときりがなくて。

でもこれらが無かった時代の人たちはどうしてたんだろう。
置き場所の問題だけでなく、便利さに慣れてきってしまっているわたし。
その辺も考えさせられます。

ただやっぱり、いざというときに慌てないでいられるくらいの
備えはしていこうと思います。



今日も読んでいただきありがとうございました。





季節はずれかもしれませんが、生まれて初めて
しもやけになりました。

おととい両足の指がそれぞれ3本づつ、真っ赤に腫れていて、かゆい!
かゆい。。掻くと痛い。。;

結構骨のあたりから痛い気がして、何かの病気ではないかと思いました。

でも「しもやけ 写真」で検索すると、
あ~、これだー。
わたしの指とおなじ写真が沢山でてきました。

食べ物でも塗り薬でも、ビタミンEが血行促進で良いらしく、
E入りの軟膏でマッサージし、良くなってきてます。


もともと冬は、着替えの時などに自分で自分を触りたくないくらい、
手足が冷えてしまいます。
今まで特に対策をとらずにきましたが、
そろそろ腰を上げねばならないかもしれません。





c0339711_14075994.jpg



















春色のパンを買ってきました。

桜葉とさくら餡、黒豆のパン。
桜葉のいい香りです。

こちらでは木蓮の白い花が開いてきました。
まだ寒さも残っていますが、
あと10日もすると桜も開花し始めることでしょう。



今日も読んでいただきありがとうございました。









テフロン加工のフライパンは、一年もたずだめになってしまいます。

以前、長く使えるものをと、鉄のものを購入したのですが、

ひとつ購入したテフロン加工がやっぱり簡便な気がして、

そちらばかり使ううち、また塗装が剥げてだめになってしまいました。



再び、鉄に挑戦するか。。



c0339711_13520437.jpg






















手前はAKAOの22cmで、目玉焼きなどの時に。

奥は山田工業所の27cmで、炒めたり、揚げ物の時に。



山田工業所のほうは、最初の空焚きをしてから出荷してくれるので

面倒がありませんでした。

(にもかかわらず、こげぐせをつくってしまいましたが・・;)



使う前にもたっぷりの油を引いて、熱して。




c0339711_13522290.jpg



















あー。。。


オムレツを焼きましたが、やっぱりこびりつきが。

どうもツルンといきません。



よく、「最初に煙が立つくらい熱する。」などとかいてあるのですが、

わたしはそれが苦手で。こわい??

あまり熱しないで始めるのがいけないのかな?




そのうち上手になるでしょうか。

今日もありがとうございました。





4年前の3月11日。

まだよちよち歩きの長女と友達、友達の子どもと散歩して。

近くのファミレスでランチして。

「ねえ、わたしたちもこうやって、外でランチができるように
なったんだね~。」とお互いの子どもの成長を喜び合って。


散歩したり、歯磨きさせたり、着替えさせたり、おむつ変えたり。
育児だけではなくて、
当たり前に毎日やらないといけないこと沢山あったのだけど。
地震のあと、しばらくたって知ったこと。
あの日当たり前の日常を多くの方がなくしてしまっていた、ということ。
それは今でも。


被災された方たちが、平穏なくらしを取り戻せることを切に願います。




クリックするとオプションが表示されます




桜のつぼみがふくらんできました。
古い携帯の写真なので、全然わからないですね・・


震災後知ったのですが、
主人の家のお墓が原発から程近くにあること。

主人も近くにそんなに近くに原発があるとは
知らなかったそうです。

結婚後、仕事の都合があわなかったりで
わたしは一度もお参りに行けていなくて。
そんな中事故が起きてしまい、行けなくなってしまいました。
(一時帰宅はできるそうです。)

わたしの子どもが還暦を迎えるころ
ようやくセシウムは半減。ストロンチウムは全然減らない。
いつかお墓参りにいけるのかなあ。

復興までは長い長い道のりですね。

読んでいただきありがとうございました。