人気ブログランキング |

おばあちゃん、ありがとう


昨日、父方の祖母が旅立ちました。

享年103歳 ! 大往生、めでたいめでたい。

そんな気分で親戚一同、おるようです。

そうか、長男と一世紀、歳が離れていたのだな。







元気だったころの祖母は、瀬戸物屋を営んでいて

商人のせいか物腰がやわらかくて、丁寧。

父や、孫のわたし達にも敬語・丁寧語で話して

「まあまあ。優秀でいらっしゃる。」と、なんの根拠もなくほめてくれ。



数年前に母が見舞った時には、認知症で

母のことは既に記憶にないのだけれど

「まあまあ。いつもお綺麗で。」と言ってくれて

さすが商人だね~、とみんなで笑ってしまったとか。



ひとに嫌なことを言われた時も、

「まあまあ。~って、言いなさるがてー。」

(~と、おっしゃったのですよ。)と相手を敬う。


どんなことも、「まあまあ。」って感嘆詞で、

ひと呼吸 置いてたのかな。






むかしのおばあちゃんたちは、人当たりが柔らかくて。

芯が、心が強くて。

素敵なお手本が、こんなに近くにいたのだなと

今ごろに気づきました。






ずっと、会いに行けなかったのだけれど、

ありがとう。ほんとうに、お疲れさまでした。





c0339711_13555850.jpg






















味噌作りのセット、頼んでいたのが届きました。

あすは味噌仕込みしたいと思います。

今日もありがとうございました。




by mgdy0912 | 2016-02-17 14:35 | 日常 | Comments(9)
Commented by yumcafe at 2016-02-17 15:01
人当たりが柔らかく
芯が強く 心も強く
お祖母さま ステキです
私も祖母から習いたいことがたくさんあります
淋しいですね
お祖父さまとゆっくりお話されているかしら☆
Commented by tatuotoko0406 at 2016-02-17 16:28
こんにちは。
大正元年、明治最後の年じゃないですかね・・・  立派なもんです。
お父様はもしかしてご兄弟が多いのでしょうか?

出来ることならば、その時代の方の考え方とかをノートしたいくらいです。
ボクの祖母は関東大震災を経験したらしいですが、話を理解できる年齢になった時にはもう居なかったし。

でもあれですね、長生きしてくれたお陰でいろんな方の記憶の中に留まるのでしょうね⭐︎
Commented by yasushi-shi at 2016-02-17 16:47
おばあさま、ご立派でしたね。
お悔やみ申し上げます。
ワタシの母方の祖母も昨年102歳で他界しました。お葬式は斎場で親戚のみでこじんまり(とはいえ玄孫までいたので30人以上いました)と行われたのですがしんみり、というよりはなにやらほんわかとした「よくがんばったねー」というムードだったうえ祖母の好きだった歌を叔母の大正琴を伴奏に歌う(ほとんど知らない)といういっぷうかわった、でもとてもよい式でした。
昔の人は我慢強くて働き者で。今のワタシをみたら。。どう思うかな(^^;)
おばあさまの「まあまあ」のひと呼吸、見習いたいと思います。
Commented by yasushi-shi at 2016-02-17 16:51
ついしん
何度もすみません(;'∀')
お味噌デビュウですね☆がんばってくださいねーヾ(≧▽≦)ノ

あ!オマケついてるんですか?甘酒がちらりと|д゚)☆
Commented by mgdy0912 at 2016-02-18 09:24
yumさん、女性の寿命は長いですよね^^
連れ合いを亡くしてから40年も。
そんなに長いことお迎えに来ない祖父は、
何してたんだろ~^^なんて思います。

伯父夫婦と暮らしていましたが、いつも控えめで
今のおばあちゃん世代のように外に遊びに出る訳でもなく
長い長い人生を、耐え忍んでいたのか、
意外と適当に気晴らししていたのか。。
教わりたいですね、生きるということを。

15年は寝たきりの感じでしたが、
立派に生ききった、という感じで尊敬します。
yumさんありがとう!
Commented by mgdy0912 at 2016-02-18 09:47
オレさん、ありがとうございました!

そのあたりまで行くと、
周囲も「享年何歳だ?」と分からなくなるようで^^;
大正2年になるようです。
四人兄妹の、父は末っ子なのですが、上兄とは十年くらい
離れていますね。
15年くらい寝たきりで、本人の意思にかかわらず生かされている、
という感じでもあったようですが、
立派に生ききってくれました。

ちょうど子どもらがインフルで、解熱剤が全く効かず
ハラハラ。。つくづく、百年前じゃなくて、
今の時代で子育てできて、良かった。と思いました。

オレさんの御婆様は直下で関東大震災経験されてるんですね。
明治~昭和を生きた方たちは、経験しているものが違うので
強くて、しなやかですよね。

祖母に今こそ、生きる姿勢について聞いてみたいものなのですが
元気だったころの祖母の思い出。そこから色々学んでいこうと
思います。
Commented by mgdy0912 at 2016-02-18 10:22
おおぐらい様、ありがとうございました!

そうでしたか、御祖母様も大往生でいらっしゃったのですね。
大正琴で、大好きな歌を贈る。温かいですね~。
なかなかいらっしゃらない。素敵なご一族様ですね!
うちもこじんまりするようですが、それでも慕って
遠い親戚も来たりするらしく、人徳を感じます。

わたしの母などは、自分の事ばかり話しますが^^;
祖母は主張もせず、嫌なこと言われても愚痴を言わず
どこにもあたらず。
どうやって気持ちを整えていたのだろうかと思います。

そんな姿を記憶に残してくれた祖母に感謝したいですね。

甘酒、おまけじゃないんですよ~
(そう言えば何もおまけがなかったなっ!)
麹は多分すべて麹納豆や塩麴に。甘酒は作るのが大変なので
買ってみました。
軽量いらず、簡単セットなので、さすがに成功するといいなあ。。
Commented by kobacken at 2016-02-18 11:10
moguさん、おばあさま大往生でしたね。
心よりご冥福を申し上げます。

認知症でも、それを周りが笑っていられる・・・
幸せな最期だったんでしょうね。

「めでたい、めでたい」と送り出されるだなんて、
最高のエピローグだと思います。

ご商売をされていたということは、なかなかのやり手だったんでしょうね。

大正生まれの女性って、激動の時代を生きてきたからなのか
長いものに巻かれながら、芯はしっかり、
オシャレで洒落っ気があって。

無くして改めて、彼女たちの素晴らしさを思わずにはいられませんね。

味噌作り、ついに、ですね!!
純二は不要??
Commented by mgdy0912 at 2016-02-18 19:06
H子さん、ありがとうございます!

晩年はいつもウトウト眠ってるようで、
苦しんだ様子に見えないから、なお「めでたいめでたい。」と
わたし達も思える。温かさを残して逝ってくれました。

ほとんどお客さんが来てるのを見たことないのですが、
一歩引いた接客で、ひとを立てていて、
嫌な感じは与えてないだろう接客。
わたしたちに対してもそうでしたけれど、
なかなか出来ないことだと思います。

そうそう、結構、新しもの好きでおしゃれなんですよね。
母方の大正生まれの祖母が「いただき、マンモス!」とか
言ってましたね~(古・笑)

味噌、「潰し塩大豆」なんていうのもあったのですが
それじゃやった感がね~。と。
軽量いらずも十分手抜き感が漂いますが。。
なので純二の出番はなし!
H子さんくらいになれば、自分好みの調合でしょうね(*‘∀‘)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード