タグ:旅行 ( 2 ) タグの人気記事

長岡紀行


当初、今年の夏は十日町で三年に一度開催される、

「越後妻有トリエンナーレ大地の芸術祭」を見に行く予定でした。→

町全体、屋外や施設に芸術作品が展示されているもので、

十日町の自然と芸術の融合、を一度みてみたいなあと思っていました。



しかしよくよく考えると、わが家の小さい車ではみんな疲れてしまうな。。

ということで断念。



ふつうの帰省となりました。



c0339711_10421200.jpg




















8月下旬は上越新幹線はさほど混みません。

1時間40分ほどで長岡着。





c0339711_09220616.jpg





































こんなところで写真を撮っているのは、わたし達位・・;


駅西口には、とっても小さい「長岡城跡」という石碑や、

三尺玉の打ち上げ筒がおいてあります。


駅前の大手通りを歩いて10分くらい真っすぐ進むと、

毎年8月2、3日の長岡花火の会場の信濃川の河川敷に出ます。
(もし今後行くかたがいらしたら、よい鑑賞場所お教えします^^)


駅が建つこの場所が長岡城のあった場所です。

いにしえの町並みは残っていないのですが、城内町、台町、殿町など

町名に当時の名残があります。



と、紀行らしいものが書けるのは、実はここまでです。


帰省中は妹が車を出してくれて、色々連れて行ってくれたのですが、

「ちょろちょろ期」真っ盛りの子ども総勢5人を連れてとなると

なかなか史跡めぐりや雑貨やめぐりはできない、ということで。。






c0339711_10491231.jpg
















アルパカのえさやりに、なぜか越後平野を北上して新潟市へ行ったり。。
(アルパカ、毛刈りされていました。)

イオンモールやアピタを散策したり・・^^;




c0339711_10483083.jpg


















懐かしい、どこまでも続く田んぼの風景です。

遠く弥彦山を望む。。



そんな感じで、今回は長岡市民の休日の過ごし方を体験してきました。。

まあしょうがないかな・・



でも長女は、向こうの双子ちゃん(男の子と女の子)に

取り合いされるくらい、モテモテで満足そう。

長男も2歳の甥っ子と、言葉はなくとも通じるものがあるのか、

追いかけっこしたり。。

ふだん大人数で過ごすことがないので、

にぎやかで楽しい時間を過ごしてきました。




わたしたち兄と妹との三兄弟は、いとこ達とは年が離れており

遊ぶ機会が無かったので、

「自分たちの子どもたちは仲良くして欲しい。」というのがあります。

なので、一番の目的は叶った感じでしょうか。




田舎って、いいな。

今日もありがとうございました。








[PR]
by mgdy0912 | 2015-08-31 15:20 | 旅行 | Comments(2)

醸造の町

台風15号も進路が変わり、無事に帰省を終えました。

家事・育児から解放された三日間、ゆっくり過ごすことができました。




今日はわたしの地元新潟は長岡の、

さらにピンポイントで実家周辺の紹介をしたいと思います。


実家から歩いてすぐ、三分くらいの摂田屋(せったや)という町内には

お江戸と寺泊を結び、参勤交代でも使われたという

旧三国街道(地図の赤ライン)が通り、

通り沿いには酒・味噌・醤油の醸造蔵、工場が見られます。



c0339711_08543570.jpg













c0339711_08542174.jpg







































180年前から続く醤油の製造会社「越のむらさき」




c0339711_08553264.jpg





















完成か何かの季節に、なのでしょうが、

年に何回か町中がお醤油の香りに包まれます。

小学生の時にスケッチに来たり、切手を買いに来たり。思い出があります。










(この写真は越のむらさきさんHPより
お借りしました。)

越のむらさきとお稲荷さん「竹駒稲荷」の間の道が旧三国街道。

歴代のお殿様や伊能忠敬が測量しながら通ったそうです。




c0339711_08545696.jpg




















進むと450年前からつづく吉乃川酒造会社があります。□🍶

「吉乃川」という日本酒を作っています。

現在、街道を整備中だそうで通れませんでした。。









(この写真は越のむらさきさんHPより
お借りしました。)

竹駒稲荷のお狐様の足元。

わたしも今まで全然気づかなかったのですが、

子ぎつねが寄り添っています。

「わたしを守ってくださいね。

大きくなったらわたしがあなたを守りますから。」と

母ぎつねに言っているそうです。

越のむらさきの方が教えてくれました。






旧三国街道と並走する旧国道沿いに建つサフラン酒造。

c0339711_08551524.jpg





















サフラン酒は養命酒と並ぶ薬酒だったそうで、

海外輸出もされていたそうですが、

現在こちらでは酒造が行われていないようです。

と母から聞きましたが、ネットで売っていました。


右側のなまこ壁と漆喰の絵の蔵は国の重要文化財に指定されています。


小学校の通学路に建つのでなじみのある場所なのですが、

普段から人けのない場所で、(この日も歩いている人皆無。)

「入ったら犬の骨があった。」とか伝説?があったり。

子どもにとっては怖いスポットでありました^^;






この辺りが少し元気になったのは、おそらく中越地震がきっかけでしょうか。

町全体で「がんばろう!」ということで

観光にも力を入れ始めたのではないかと思います。

旧国道沿いの商店が無くなっていく中、変わらず

むしろ元気でいてくれる場所があるのは、嬉しいことだと思います。

長くなりました。

今日もありがとうございました。




[PR]
by mgdy0912 | 2015-08-27 11:14 | 旅行 | Comments(8)