カテゴリ:こども( 45 )

ボク5歳


小満。

少し暑い日が続いています。

近くの田んぼに 水が張られ、田植えが始まっていました。



c0339711_18411005.jpg



































我が家の長男、ボクチャンが

五歳を迎えました。






今年のケーキは、「バンビーノ」という

フランスのビスケットを使い、

シャルロット風にしました。



中はカッテージチーズのムースの上に苺スライス、

上に苺のムースの二層仕立て。



暑いので、こういう冷たいケーキが

おいしく感じます。



(カット失敗し、断面はお見せできません。。。;)






さて、ボクチャン。




c0339711_18411067.jpg
































身支度、まだこのレベルです。。



年中に上がって、何人かの先生から

「ボクチャンはほんとうに優しい性格ですね。

喋り方も優しいですし。とってもかわいいです。」などと

言われました。





父親譲りの根っからの「弟キャラ」。

戦いごっこは好きだけれど、

力いっぱい動くなんてことはせず、

お友達を怪我させるような心配は まず無さそう。



雷が鳴ればしくしく泣きだし

避難訓練のサイレンが鳴れば目を潤ませ

廊下でお友達とぶつかれば

涙をこらえながら、先生のお膝に座ってくるという

若い先生は母性をくすぐられてしまうようです。







ま、おうちでは それなりなんですが(*´Д`)

昔、幼稚園に提出する書類の 性格欄に

「待てない」

と、ひとことだけ書いたわたしです。。;



ともあれ まだたどたどしくて、かわいい盛り

あどけない時期を、楽しんでいきたいと思います。

今日もありがとうございました。



[PR]
by mgdy0912 | 2017-05-21 18:38 | こども | Comments(13)

飲みこむ

知り合いの妹さんが、昔に比べて

ふくよかな感じになっていたそうです。



どうしたの?と尋ねると、妹さんは

「いらいらしたら、全て飲み込む。」と

答えたそうです。





c0339711_23391610.jpg


子どもが言う事を聞かなかったら

台所へ行って「飲み込む。」

つまり、何か食べる。



c0339711_23391725.jpg


子どもが部屋を散らかしたら、


黙って、何か食べる。


お部屋は子ども達が片づけるまで

散らかりっぱなしだそうです。


c0339711_23391835.jpg

今日のランチ。

ツリーハウスのあるオープンカフェで。

キッズセットと、わたしはアボカドドッグ。

パパさんはナシゴレンだったか。。


今日のわたしも、ほんとに「飲み込む」必要のある

一日でした。。







先の知り合いの妹さんは、

「飲み込む」育児で、この春

お子さんを難関の進学校に入学させたとかで


「叱らないほうが、育児はいいらしいよ。」という話でした。


偉いお母さんだなあ。

まあ叱らないだけでなく、きっとプラス

子どもをやる気にさせるコツを持ってらっしゃるのでしょうね。

(そこが知りたい!)






先日クレヨンしんちゃんのママ、みさえも

「優しいからって、パパの方ばっかり

行くんじゃないわよー!

私はあんたたちのことを思って

叱ってるのよー!」と叫んでいて

「分かる!」 うるっときました。


。。。今日はなんだか、お腹いっぱい。

今日もありがとうございました。



[PR]
by mgdy0912 | 2017-04-23 23:35 | こども | Comments(2)

「持ってる」話。

ボクチャンが「持ってる」というお話。





この半年ほどの間に


仕事の面接の日にボクが熱を出して

キャンセルしたり。


面接後に骨の病気が判明して

採用をお断りしたり。


胃腸炎で休んでいる日に、

園から様子伺いの電話かと思って出たら

学校役員選考の電話だったり。





今日 前職場に挨拶に行き、近況を話しているうち

何か事を起こす時、良かれ悪かれ

ボクがストッパーになっているなと

気付きました。

「鍵を握る男」みたいな。




ご先祖様が、そう導いてくれてるとか

そういうことかもしれないねー。と言われました。




でも、肝心な時に子どもが体調を崩す。ってよくある事?

でもでも、ちーちゃんはそれ程でもないのです。

ボクチャンの後ろに、ご先祖様を感じた昼下がりでした。。






そんなボクの幼稚園弁当




c0339711_12454004.jpg


オレンジがつるっと滑って スポッと はまり、

動かせなくなって変な入れ方。のお弁当;





c0339711_12455627.jpg
トマトもフルーツ扱いのボク。弁当。





そうでした、先の面接無事採用されました。

次は夕方まで勤務なので

夕飯の段取りとか、工夫しないとですね。

今日もありがとうございました。




[PR]
by mgdy0912 | 2017-04-18 13:26 | こども | Comments(2)

鶯の鳴く


今春初、鶯の鳴き声を聞きました。

声はすれど、姿は見えず。のことが多いですが

運よくその姿も間近で見られました。





c0339711_15045279.jpg



二週間前に、ボクチャンの膝の下に

小さく骨が飛び出ているのに気づきました。




押しても痛がらず

こんなことで受診するのもな。。と思いながらも

近くの整形外科に受診。




レントゲンを見た先生から

「骨の腫瘍、骨腫瘍ですね。こちらでは診れないので

大人なら癌センターに紹介するのですが

子どもに慣れている子ども病院に紹介状を書きます。」




癌センター!?とびっくりして

なにか質問するのも、悪い事を言われたらと怖くなり

ただ言われることに返事して

帰ってきました。




そして今日、やっと子ども病院に受診できました。



c0339711_15045284.jpg



診断は、外骨腫という、良性のものだろう。


ただ、良性といえども、悪性に変化する可能性もあったり

大人になってから悪性になることもあり

経過は定期的に見ていく必要があると言う事でした。





ひとまず良かったですが、

ずっと心配していかないといけないのだなと;;




c0339711_15045331.jpg



二週間前に整形外科の先生から

「これは、昨日今日で大きくなったものではなくて

少しづつ、大きくなったものですよ。」と言われた時

まず、この一年の自分が頭に浮かびました。




わたしは子どもが幼稚園に入れば

「手が離れるもの。」だと思っていて

仕事しよう。と張り切っていました。




そして実際、仕事の量を増やして

楽しく働いていて。

ああそれなのに、その間に子どもの足には

そんな異常が起こっていたとは・・・





悪いものだったらどうしよう。

冬で長ズボンだったから気づかなかった。

お風呂でもお湯に浸かってて見えないし。

骨の病気なんて、思いもよらないし。

親族にそんな既往歴いないですし。


言い訳は浮かぶのですが

。。でもやっぱり、

ちゃんと見てやって無かったのかな。





子どもが笑顔で元気な事。

その上での自分であって、仕事なのだな。

つくづくそう感じました。





外骨腫だけでなく、

骨腫瘍は十代での発症が多いそうです。

手元にいる間は、親は

よくよく子どもを見てあげなければならない。

そう思いました。

今日もありがとうございました。




[PR]
by mgdy0912 | 2017-03-29 15:03 | こども | Comments(10)

避難訓練事情

「あ、これこれ。怖いの。

なんか変な音楽が流れて、

どしん!どしん!って、足音が聞こえて。

がちゃがちゃがちゃ、って ドアを開けようとするの。」





ボクチャンが持ち帰った、幼稚園の予定表を見ながら

ちーちゃんが教えてくれました。

何のことかと思ったら、避難訓練「不審者」について。





変な音楽って、何?

(イメージとしてはジョーズのテーマソングとか、

リングの主題歌とか。。。でもそんなのでは無いようです。)

教室のドアを開けようとするなんて、

結構リアルにやるのだなあ。。





音楽が流れたら、みんな廊下から死角になる所に

かたまって隠れるのだそうです。

さぞ怖いだろう。と、きゅーんとしてしまいました。





更に。

「学校ではね。○○先生(外国人の名前)○○先生、

どこどこへ来てください。って放送が入るの。」

つまり、○○先生と隠語を使い、

来てください。の場所が、不審者が居る場所なのだそうです。





怖い。こわすぎる。

なぜ外国人の名前?

(そんな先生は学校に居なかったと、子どもが分かり易い為でしょうか。)

実際役立つことが無いように願いたい。

そう思いました。





わたしの子どもの頃の避難訓練などは

「何時間目にある。」とか分かっていて、

授業中なのでみんなでぞろぞろ並んで避難。でしたが

今は全く、事前情報なく

昼休みとか、子どもたちがバラバラで過ごしている時に

やるようです。


よって、校庭で点呼を取ると

「誰々がいません!」となり、先生が探しに向かうそうで

すごく実践的にやってると驚きました。





c0339711_09264691.jpg



(すみません、なぜこんなに写真が大きいのか・・??)



看板に惹かれました。

チェリーブラッサムラテ?

コーヒーベースかと思ってましたが

ミルクベース甘甘でした。

意外と寒い南関東ですが

このまま病気せず、終業式を迎えてほしいものです。

今日もありがとうございました。








[PR]
by mgdy0912 | 2017-03-09 09:39 | こども | Comments(4)

お母さんがにこにこする時


長女の勉強机の上に、

授業で書いたらしい紙が置いてありました。





「お母さんがにこにこする時は」の欄に


・ふたりでおちゃをしているとき。

・プールのしんきゅうテストにごうかくしたとき。


と、書いてありました。





わたしが嬉しそうににこにこしてたな、という記憶。

確かにその通りなのですが

反対に

スイミングのテストで合格しなかった時、

わたし、どんな顔で長女を迎えていただろうかと思いました。





子どもの頃、そろばんを習っていて

検定に落ちた時、母は少し怒った感じになり

子ども心に「一生懸命練習したのに。。」と

しょんぼりした気持ちになりました。


そんな記憶があったので

子どもの努力はよく見てやり、

結果どうあれ、誉めてやろう。と思っていました。





で、実践していたつもりでしたが。。

まあ、進級した時の方が

子どもから見ても、

喜び方が大きくなるのは仕方ないことですよね^^;


頑張ってるのは分かるので

次は落ちてもにこにこ褒めよう。




c0339711_12464546.jpg



昨日は夜中に長女がまさかのクループ。

(クループと言えばボクなので。)

午後からボクが発熱で

受診から帰ってきての

まさかのサンドイッチリクエストに

セルフスタイルで答えました。

幸いインフルエンザはマイナス。



こちら、屋根に雪が積もってきました。。

寒いですね。

今日もありがとうございました。






[PR]
by mgdy0912 | 2017-02-10 17:28 | こども | Comments(4)

子ども料理


小学校が代休の今日。

事前に「給食みたいにバランスを考えて

献立を。」とお題を出しておいて

長女と料理をすることにしました。





昼、しらすと梅のお握り・さつまいもとトマトのサラダ。

夜、ハンバーグとお味噌汁、サラダ。

ということで、とりあえず開始。





c0339711_15364656.jpg



キャベツとレタスを並べて、違いを見たり

初めて火を使わせてみたり。

包丁などは、まだまだ手を添えないと

びゅん!とどこかへ飛んでいきそうになったりで(;゚Д゚)

ヒヤッとしましたが

千里の道も一歩より。です。






やってみると

まだまだわたしが教えなくてはならないことは

山のようにあることに気づき。


でも、もしかするとそんなのは

勝手に自分で覚えていくのかもしれないことにも気づき。

わたしもそうでした。


教える・覚えさせる。ではなくて

ただただ共に時間を過ごしていれば

いいのかもしれません。





c0339711_15370137.jpg


とりあえず、お昼にして。





c0339711_15371457.jpg


夕飯も完成。

ハンバーグ、朝寒くて買い物に行けず

家にあった鳥と豚を挽いて、トリトンバーグです。







最近の長女、

昼休みはひとり図書館へ行くのが好きなようです。

ボクのぶんの本まで借りてきてるので

そんな必要はないし、お友達と遊んだら?と言いました。

すると、ひとりの方が楽しいと。



わたしは同じ幼稚園から誰も同じ学校へ行かなかったので

友達作りには最初苦戦して、

やっぱりよく図書館に行ったものでした。

似てるのかなあ。。

その頃の気持ちを思い出すと、

少し胸がちりちりと痛むのですが

でも友達と何かあった訳ではないようなので

まあ、親は見守る事。だけなのでしょうね。

今日もありがとうございました。




[PR]
by mgdy0912 | 2017-01-16 16:25 | こども | Comments(4)

潜伏期間中


今は、ウバのシーズンなのだそうです。

茶葉を切らして久しく、ルピシアに立ち寄りました。

さまざまなウバ茶の中で選んだのが





c0339711_08100190.jpg




「エズラビ クオリティー」。

土を感じる芳香のウバ茶が多い中で、瑞々しく

かすかに緑茶の交ったような、爽やかな香りです。





c0339711_08101693.jpg



ミルクティーで。

立ったまま、ひと息。。







ところで、三か月前にも大流行したばかりなのに

またしても感染性胃腸炎が流行の兆しなのです。



幼稚園がクラス別の発症・欠席人数を毎日、連絡してくれるのですが

面白いのが

最初はひとつのクラスでとどまっているのが

トイレを共有しているクラスに飛び火したり

端っこのクラスから、順番に反対側のクラスに広がっていったり。



細菌・ウイルスの動きが分かるのです。



なので、広がりを予測して

ボクのクラスにそろそろ来そうだ。と判断して予防的に欠席させたり。

罹らないように対策を練っていました。



ところが、まだ大丈夫と判断して送り出した金曜日。

同じクラスの子が気分が悪くなってしまったようで、教室で〇"ー。

可哀想な話です。

他のクラスは、それで先生とクラス半数が一気に発症・欠席となったので

ボクはどうかなあ・・どきどきしながら、週末を過ごしています。






とにかく、感染力が異常に強くて。

「インフルエンザのほうが、まだマシ。」と

みんな口々に言います。

感染性胃腸炎は、学校保健法?でも学級閉鎖の基準がなくて

現場に判断が委ねられてるようです。

それがなかなか閉鎖にならなくて・・(だから広がる?)

「マシ」なインフルも小学校で既に30人くらい罹患(;゚Д゚)))

(今罹っといたほうがいいのかしら。。?)

皆様も、お気を付けください。

今日もありがとうございました。




[PR]
by mgdy0912 | 2016-11-06 08:52 | こども | Comments(0)

七五三詣で


長女七歳の七五三、夏に写真撮影を済ませており

運動会の代休である今日は、お参りに行ってきました。





つまり二回着物が着れる

撮影はピンクの古典柄でしたが、お参りは黒を選びました。



c0339711_18324403.jpg















馬子にも衣裳ですが

日本髪を結って貰い、黒だと

まるで舞妓さん。。なんて(´艸`*)





c0339711_18344239.jpg































「こっち向いて!」「あっち向いて!」「回って!」

「口閉じて!」(本日鼻づまりでずっと口が開いてるものですから;)


撮影に力が入りますが、子どもはすぐに飽き模様。

お祓いを受けて帰宅。

即着替えて、正味一時間半ほどの着物姿でした・・





c0339711_18361360.jpg















朝の思いつき、お祝いらしくしたいということで

てまり寿司風おにぎりと豚汁のお昼を準備。


帰ってすぐお昼に出来て、

無事に、予定を終えました。。






実はボクはその間、幼稚園のお芋ほりに行っていたのです。

先週の予定が雨で今日に。

七五三と重なってしまった訳ですが、

まあボク、主役じゃないし。。

芋、掘りたそうだったので送り出しました。

おかげでゆっくりとお参りでき、いい決断だったと思います^^

今日もありがとうございました。


[PR]
by mgdy0912 | 2016-10-24 19:18 | こども | Comments(14)

通知表 来たる


「『些細なことに目をつけて、言いに来ます。』だって。」


わたしが一年生の一学期に

初めてもらった通知表に書いてあった言葉です。

その意味が解からなくて

読み上げた母の怪訝な表情を見て、よくない事なのだと気づき。


担任が女の先生で、好きで話がしたくて

「誰々君が~している。」など言いに行っていたのを思い出したのです。


そこで「あ、小学校の先生は幼稚園とは違うんだ。」と

一定の距離を持たないといけないと感じて

以降、気をつけるようになりました。





そんな苦い思い出から、やっぱりちょっと

何かあると先生に言いに行ってたらしい長女には(血筋。。)

「お友達のことは言わなくていいの。先生がちゃんと見てるんだから。

まず自分のことをちゃんとやりなさい。」と

幼稚園時代から言い聞かせていました。





持ち帰ってきました。前期の終了証。。

c0339711_09051285.jpg


















「困っているお友達のもとへ駆けつけて、相談に乗ることが出来ます。」

などなど、良い面が書かれていました。



三十年で、変わったな~と。(サバ読みました。三十五年でした)



わたしの頃は、頭ごなしに怒られたりしてましたが

今は自己肯定感を持てることを大事に、認める・褒めるようです。

とりあえず、注意などなかったので、ホッ。

でも「打たれ弱い」などと言われないように

自分をしっかり持って育って欲しいと

ぼーっとしている長女に、思いました。。






ところで去年の帰省時に、中学の通知表を見つけたのです。

同じ担任の先生だった中学二、三年時の

すべての学期に「掃除の取り組みが不真面目である。」と!

すっかり忘れていて。そんなだったっけ!?と笑ってしまいました。


六回も同じこと書いて・・先生も、しつこく頑張ってたな~なんて^^

でも懐かしく、とても愛情を感じました。。

今日もありがとうございました。



[PR]
by mgdy0912 | 2016-10-08 10:03 | こども | Comments(8)