2017年 06月 25日 ( 1 )

地域に。

役員の活動に参加してから三か月。


今までまったく知らずにいた、

PTAの活動や学校や子どもたちを

見せて貰い感じた事。






ボランティアでありながら

その時間的負担や重い責任への精神的負担の大きさから、

活動している本人たちも

PTA不要論があることも知っていて。


わたしも集まりの後、昼に役員室でおにぎりをほお張り

そのまま出勤して。

去年までは考えられなかった、活動的な生活で。





ハードなんだけど、その中で良かったのが

子どもたちの様子が分かった事でした。





区内でも評判の良い、ここの学校の子ども達。

先生が壇上に立てば、

言わなくても静かになり、聞く態度になる。

まっすぐで、優しくて、のびのびと明るくて

先生たちの最終目標。のレベルだそう。


すごい子どもたちなんだな。

ちょっと感動。


その子どもたちの為に

もちろん微力ではあるんだけど、何か貢献したい。

そう思いました。





そして

学校では生き生きと頑張ってるらしいちーちゃん。

どの先生も「あー、あのちーさんのお母さんですか。」と

いろんな先生に、人懐っこく話しかけてるらしく

良い意味で職員室で知られていて、びっくりしました。






家では反抗期。


わたし「最近マンションの管理人さんに

『ちーちゃんは、お母さんが居る前では挨拶しませんが

外で会うと、管理人さ~んって走って来てくれるんですよ』

って言われたんです。

なんでだろう。なぜわたしには

その顔を見せてくれないんだろう、と思います。

でも、先生たちの話を聞いて

信じて見守っていこうかと、思いました~(:_;)」


先生達「そ~ですよ、お母さーん!大丈夫ですよ~!」





c0339711_22310196.jpg




















マネケンにはまっています。






今までどこかそっけなくて、

住まう場所とは思えず

旅の途中のような 気がしていたこの地域でしたが、

こうして少しづつ根付いていくのかなと

感じました。

今日もありがとうございました。





[PR]
by mgdy0912 | 2017-06-25 01:01 | 日常 | Comments(6)